働き方改革が進む中、
今問題になっているブラック企業の
仕事内容、手口をまとめてみました。



<スポンサーリンク>

有給取得の義務化を無視する企業?

2019年4月から有給取得が
義務化になるって知っていますか?

にもかかわらず、
それを知らないフリをしている
ブラック企業があるのです。

今までと変わらず、
私用での有給を取らせてくれない!

こんな会社は辞めた方がいいかもね。

残業厳禁で「エア退社」横行!

残業をしてはいけない!
でも仕事は終わらせろ!
というのがサービス残業。

このサービス残業をするために
タイムカード(出入記録)に
退社した記録を残すエア残業が
ブラック企業で横行している!

そんな事をしている上司自体にも
大きなリスクがあります。

サービス残業を隠蔽しようとした事による
損害賠償責任が生じます。
エア退社は許してはいけません!

新垣さん、パワハラ社長と対決!獣になれない私たち

新垣結衣 松田龍平W主演ドラマ
「獣になれない私たち」
でパワハラ社長が凄かった。

深海晶役の新垣さんが
パワハラ 九十九社長役の山内圭哉さんの
暴言に耐えられず、
ついに怒りが爆発!

”やる気ってそんなに凄いの!”
と反撃開始!

社長がああだ、こうだ!
言うから、パニックになり、ミスをする。
全部社長のせいだ!

すると社長は
文句しか出ない社員は要らない!
俺の会社だ!
と言ってはいけない言葉で逆ギレ。
社員が萎縮する、
こんな会社辞めた方がいいね。

パワハラ、ブラック確定!ジャパンビバレッジ

ミヤネ屋でジャパンビバレッジの
パワハラの実態を特集。

有給チャンスクイズ!という
意味不明なメールが全社員に送られて、
正解すれば、有給申請が可能!?

不正解だと永久追放、
または降格と脅される。

しかも実際には正解なく、
わざと間違った質問内容になっている!

有給を取った社員が実際に
異動させられた事例もあった。

ジャパンビバレッジのパワハラ、ブラック確定!

日本は意外とブラックではない!?長時間働く国ランキング

長時間働く国ランキング(年間)で
1位になったのが、
メキシコ(2,255時間)、2位はコスタリカ(2,212時間)、
3位は韓国(2,069時間)でした。

日本はゆとりの22位 (1,713時間)。
アメリカは15位。
日本って意外とブラックじゃない?

新型リストラ PIP(業務改善計画プログラム)にご用心!

もしあなたが他部署からの引き抜きで
過大な期待をかけられて、
高い目標設定をして
精神的に追い込まれたのが
退社の理由なら、
それは「新型リストラ PIP」かもしれません。

PIPとは「Performance Improvement Program」
の頭文字を取った略語で
意味は「業績改善プログラム」。

会社側がリストラするための
裏工作、巧妙な手法です。

⇒無理して達成できないほど高い目標設定を書かされる
⇒新しい部署で慣れない仕事でミスを誘発する
⇒追い込まれて自主退職・・
⇒自分に能力がないから辞めると思わせる・・

真面目な人ほどハマリやすい・・。
無理ならハッキリ無理と言う
勇気が必要です。