正直なところ、私は薬剤師になりたくてなったわけではありませんでした。

なんとなく流れに乗っていたら、薬剤師になってしまったというパターンです。

そのため、他の方のように薬剤師という仕事に対する情熱は持っていませんでした。

薬剤師として就職するときも「とりあえず暮らせればいいや~」と思って職場を決めてしまったので、労働条件はそこまで細かくチェックしていませんでした。

ざっと見た感じ可もなく不可もなくという感じだったので、「まぁいいか」と軽く決めてしまったのです。

そこまで情熱もやる気もない私でも就職先を見つけることができたのですが、そこが私にとってはつらい場所でした。

私が特殊なのかもしれませんが、私以外の方は全員薬剤師という仕事に対して並々ならぬ情熱を持っていて、だからこそ仕事が長引いてしまっても問題がないという感じだったのです。

やる気も情熱も持っていない私は、仕事が終わったらすぐに帰宅してプライベートな時間を楽しみたいと思っていました。

ですが、私以外はプライベートも仕事に捧げるようなタイプばかりだったので、私が好き勝手できるような感じではなかったのです。

求人として出ていた段階での労働条件というのは可もなく不可もなくという感じだったのですが、実際の現場ではそれ以上が求められるのが当たり前で、それに応えるのが当たり前という雰囲気だったのです。

労働条件が違うということを言い出せるような雰囲気ではありませんでしたし、その雰囲気の中で本当に肩身の狭い思いをしていました。

他のところに就職した薬剤師仲間に愚痴を言っていると、「転職すればいいじゃん」と言われ、目から鱗が落ちました。

「薬剤師の転職とかハードル高そう」と思っていたのですが、ひとまず有名どころということで転職ドットコムに登録をしました。

そこからは本当にとんとん拍子で話が進んでしまい、あっという間に転職先を見つけてしまいました。

もちろん、二の舞とならないように労働条件なども確認もしっかりとしておきました。

転職ドットコムのスタッフの方に「私はこういう人間なので、情熱的な雰囲気の職場はちょっと・・・」といった細かい話まですることができたので、初めての転職ではありましたが安心して進めていくことができました。

今の職場には、私と同じようなスタンスで働く薬剤師仲間もいるので、とにかく気が楽です。

転職ドットコムを利用してようやく理想の職場に出会うことができました。