一般的に転職に成功する人は、辞める理由が超ポジティブと言われていますが、そんな素晴らしい理想の成功者は少数派です。

では現実的にはどういう人が成功しているのか?

それは自分自身の性格をよく知っていて、自の長所がどういう風に役に立てるのかをハッキリ説明できる人。

つまりすでに自己分析が済んでいて、どんな場面でどういうことができるのか?それがどう貢献するのか?を今までの体験を元に具体的に話せる人です。

一番重要なのは、あなたの自分史ストーリーを聞いて、面接官が「そんな体験をしているのなら、一緒に働けそうだな」とイメージしてくれるか?

これは新卒、中途採用どちらにも共通して言えることでより具体的な説明が必要になります。

突然ですが、1つ質問です。

あなたの長所、短所を具体例をあげて、今すぐ説明してください!

え、準備不足でちょっと自信がない(笑)?

それなら今までの行動を振り返ってみて下さい。

自分が誉められたこと、やり遂げた、自信がついたこと、失敗、後悔した事例を少しずつ思い出していつでも引き出せるように整理しておいてください。

転職する、しないに関係なく、自分史として整理しておくと、積極的にやるべきこと、サポート役に徹すること等が瞬時にわかるようになり、仕事面でも役に立ちますよ。