最近、ベテランサラリーマンにとって耳が痛くなる話が聞こえてきた。

それは大手企業が早期退職者の大量に募集し始めたこと。

それと同時に退職してもまだ嘱託社員として、

会社にい続けるサラリーマンも多い。

最近では50歳手前の48歳頃の早期退職を促しているらしい。

年々年齢が若くなってきていますが、

一体何が起きているのでしょうか?



<スポンサーリンク>

ギリギリまで働かないと老後は厳しい!

賢い人なら気づいていますが、年金だけでは老後はバラ色にはなりません。

そのためにはできるだけ長く在職して、

ハッピー定年退職を迎えたいと誰もが思っています。

でもそれを阻止する動きが企業側にあります。

今最前線でその被害を受けているのはバブル世代です。

60歳定年さえ崩れている現在、どうやって100歳時代を実現するのでしょうか?

ちなみに現在の平均寿命は男性81歳、女性87歳で人生80年時代と言われています。

働き方改革よりも自力改革!

今後はAIの普及により、労働力を奪われるのは目に見えています。

もはや会社からの給料に依存するのは危険です。

これからは自分で稼ぐ力を身につけないと生きていけない時代になります。

あなたは何か準備をしていますか?

追伸:自力で稼ぐ力を身につけるなら、下のビジネス動画が参考になります。
無料で提供している今がチャンスです↓↓

孫に好きなものを買ってあげて、趣味の旅行を楽しむ。

笑顔が絶えない、そんな明るい老後を送りたいですね。