私は親が薬剤師だったこともあり、昔から当たり前のように薬剤師を目指していました。

特に挫折することもなく、わりとすんなりと薬剤師になりました。

ただ、実際に薬剤師として働き出すようになってから理想と現実の違いというものをまざまざと見せつけられました。

これが人生初の挫折だったのかもしれません。

というのも、薬剤師というのはそれぞれがそれぞれの仕事をまっとうするマイペースな仕事だと思っていました。

だからこそ、薬剤師の方は漠然と全員が淡々としていて、一般的な企業で見られるような人間関係の確執とは無縁だと思っていたのです。

しかしながら、実際に薬剤師になってみると思っている以上に人間関係がドロドロとしていました。

人間関係がドロドロしているだけであれば、耐えられたのですが人間関係のことを仕事にまで持ち込む人がいて本当に辟易してしまいました。

本来であれば渡すべき書類を渡さないのは当たり前、重要な業務連絡でさえ回してこないのです。

私自身が仕事をやりにくいというだけではなく、無関係の職場の人にまで迷惑をかけてしまいますし、何よりもお客様へのご迷惑になってしまうことが不安でした。

このままでは仕事のできない薬剤師のレッテルが貼られてしまうな・・・と思ったときに、急にすべてが馬鹿らしくなってしまいました。

「もういっそのこと、転職してしまおう」と思ったのです。

人間関係に問題のある職場なら、今度は人間関係に問題のない職場を見つければいいや!と転職活動を始めました。

もちろん、人生初の転職活動だったのですが、私は【薬剤師転職ドットコム】を利用させてもらいました。

就職や転職といったら転職ドットコムというイメージがあったので、とりあえずという感じで登録をしました。

正直なところ、そこまで期待はしていなかったのですが、思った以上にサポートがしっかりとしていて、私も前の職場とは比較にならないくらいの恵まれた職場へと転職することができました。

薬剤師の転職に特化しているので、本当に相談から転職まではスムーズでした。

もともと当たり前のように薬剤師を目指していた私のようなタイプには、薬剤師以外の仕事は今さら目指すことはできません。

そういった意味では、転職ドットコムが薬剤師に特化したサイトを作ってくれていて本当に助かりました。

もう転職することはないだろうと思っていますが、今後転職するようなことがあればまた利用しようと決めています。